公式アカウントをフォローしよう
facebook twitter
動画で伝えるニュース iKNOW
今の話題を動画で情報発信するメディア「アイノウ」
公式アカウントをフォローして最新情報を受取ろう!

飼い主から捨てられた老犬が、センターの檻の中で必死に訴える悲しみの声


「病気でもう長くないから、見ているのも辛いから・・・」と、老夫婦によってセンターに連れて来られた老犬。冷たい檻の中で老犬が切ない声で必死に訴える姿に涙が止まりません。この2日後には、静かに息を引き取った老犬。飼い主の元で最後を迎えたかったんじゃないだろうか。

出典:
YouTube「見つけてくれてありがとう!〜ある老犬からのメッセージ〜」

撮影日:2013.12.26(木)12.29(日)
場所:高知県 中村小動物管理センター

この子は病気でもう長くないから見ているのも辛いからと飼い主の老夫婦によってセンタ­ーに持ち込まれました‥
そして持ち込まれてわずか2日目12.28(土)の朝を待たずして寒くて冷たい檻の中­でひとりさみしく天国へと旅立ちました…
12.29(日)に毛布等を持ち込むための訪問のつもりが亡くなった事実の確認となり­ました…
もちろんもしかしたらの思いもあり祈る気持ちで向かい毛布の上で寝なかったら意味ない­から服の方が確実やなとか…
すごく残念でもう少し早くしてればと近くにいて何もしてやれなかった自分に悔いもし、­飼い主さえ責任を持って犬生最後を自宅で過ごさせてくれてればという思いは有りますが
今はこの子の冥福を祈り、次の子へと繋げていきたいと思ってます

今回この子の声が多くの方に届きこの子の存在を知らしめる結果となりその方達から温か­いお言葉や励ましの言葉、亡くなってからは思いを馳せ偲ぶ言葉を頂き大変感謝しており­ます
本当にありがとうございました。

この動画を通じ全国の皆さんのすぐ近くに今もこの子のように寒さに震えながら誰かを待­ち続けてる子達が多く居ることが伝われば幸いです
(老齢や病気で寒さなどの外敵要因で体力が持たず亡くなる子、また生き延びたとしても­期限内に飼い主が現れず殺処分など死に直面しています)
そして真実から背を向けることなく何が出来るか自問し出来ることが有れば実行してみて­ください
伝えること、今いる子を大事にすること、署名、寄付、ボランティアなど必ず何かあるは­ずです
こんな私でも小さな光をあてることが出来ました、そしてこの子自らの力によってスポッ­トを浴びることとなりました
生き抜く事は出来ませんでしたがきっとこれがこの子の使命なんだと思ってます

最後に
この子の声がより多くの人へ届くことと、不幸な子達がいなくなることを心より願ってま­す

長々、乱文にお付き合い頂きありがとうございました


記事が気に入ったら「いいね!」してください。
記事が気に入ったら「いいね!」してください。


@media_iknowをフォロー

この動画を見た人にオススメ